トップページ 人気ランキング デジカメのスペック 周辺機器 画像処理 写真画像集

デジカメ
イチオシ!

 デジタルカメラのスペック

  • デジタルカメラのスペック

  • デジタルカメラのレンズ

  • 撮影可能距離

  • メモリカード

  • 液晶モニタ

  • 動画撮影機能

  • 内蔵電池




  • IT入門講座

    リ ン ク









    写真 ランキング

    ランキングサイト



    デジタルカメラのスペック

    デジタルカメラの画素数

     デジタルカメラでは、レンズで内蔵の光センサー(CCD あるいは CMOS)の面上に像を結び、光センサーからの電気信号を取り出してメモリに蓄えます。光センサーは微細な受光素子が集まった碁盤目構造となっており、その微細な受光素子の一つ一つを画素といいます。
    画素がたくさんあれば、撮影した光景の細かい点も忠実に電気信号に変換できるので、一般的には撮影画質が向上します。

    最近では、コンパクトカメラ中級機でも500万画素の光センサーを使用しています。コンパクトカメラ上級機では800〜1000万画素、デジタル1眼レフ機では1000万画素以上のスペックが多いようです。

    必要な画素数

     それではデジタルカメラで撮影するには、どのくらいの画素数が必要なのでしょうか。これは、何を撮影するか、また撮影した結果をどのように利用するかによって、大きく異なります。
    たとえば一般の利用者がスナップ写真を撮って、それを小さな紙面に印刷する、あるいはパソコンなどのディスプレイ画面で見るという場合には、400万画素もあれば十分です。

    デジタルカメラで撮った写真をホームページに掲載するという場合には、通常はもっと画素数が少なくてもかまいません。たとえば300万画素のコンパクトカメラ下級機でも、ホームページの取材用には十分使える場合が多いのです。

    しかし、フィルムカメラ並みの高精細画像をうるには、やはり500万画素以上のスペックを必要とします。また、デジタルカメラで撮影した後、その一部だけを拡大して印刷したり、ホームページで利用したりするには、元の画像が十分な解像度を持っていなければなりません。

    画素のサイズと画質

     光センサーの面積が同じ場合、それを細かく分割して画素数を多くすると、1画素あたりのサイズが小さくなります。それにつれ、その画素に入る光の量が少なくなるため、たとえば撮像画面の明るい部分が飽和してぼけてしまったり、逆に暗い部分でノイズが目だったりすることがあります。
    上記のように、通常の撮影用途では画素数はそれほど必要としない場合が多いのです。自分がデジタルカメラで主として何を撮影するかを考えて、必要にして十分な画素数を決め、そのスペックにあったデジタルカメラを購入するのがよいでしょう。

    画素数とメモリサイズ

     画素数が大きいデジタルカメラでは、高解像度の撮影が可能ですが、その画像のデータは当然非常に大きくなります。したがって、同じ枚数の撮影を行うのに必要な画像メモリは、大きなサイズのものを搭載しなければなりません。
    メモリサイズが小さいと、高解像度のモードでは撮影できる枚数が大変少なくなります。

    最近は、デジタルカメラ用のメモリがかなり低価格となりましたが、それでも 1GB などのサイズの大きいメモリは高価格です。このメモリの価格も考慮に入れて、デジタルカメラの機種の選択をしてください。

    なお、撮影可能枚数を多くしたい場合には、デジタルカメラの解像度設定でたとえば 1024×768 などのやや低い解像度を選択することもできます。

    ページトップに

    トップページ 人気ランキング デジカメのスペック 周辺機器 画像処理 写真画像集